carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

HOME >  ブランド一覧 >  ジープ

ジープ

クライスラーの4輪駆動車専門ブランドであるジープ。第二次世界大戦時中の1940(S15)年にアメリカ陸軍の要請で軍用車の開発に着手。翌41(S16)年に実戦投入された4輪駆動車が同ブランドの起源とされている。軍事目的の車両として開発されたクルマのため、耐久性や悪路走破性の高さへの評価は非常に高い。ラングラー、チェロキー、グランドチェロキーと伝統のラインナップはもちろん、現代流のエッセンスを取り入れたフラッグシップモデルのコマンダーや、同ブランド初となるコンパクトSUVのパトリオットなど、ジープならではクルマを数多くラインナップする。

プレミアカーブランド

  • レクサス
  • メルセデス・ベンツ
  • フォルクスワーゲン
  • BMW
  • オペル
  • アウディ
  • ポルシェ
  • スマート
  • BMW アルピナ
  • マイバッハ
  • MINI
  • シボレー
  • クライスラー
  • フォード
  • キャディラック
  • ダッジ
  • ビュイック
  • ポンティアック
  • ジープ
  • サターン
  • ハマー
  • GMC
  • ランドローバー
  • ジャガー
  • ロータス
  • ベントレー
  • ロールスロイス
  • アストンマーチン
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • シトロエン
  • ルノー
  • アルファロメオ
  • フィアット
  • ランチア
  • フェラーリ
  • マセラティ
  • ランボルギーニ
  • アウトビアンキ
  • ブガッティ

最近発売されたジープのクルマ

ジープ ラングラー
  • 発売時期:2018年11月~
  • ジープ
  • ラングラー
  • ジープのアイコンモデル、11年ぶりにフルモデルチェンジジープブランドの象徴的なモデルである、本格オフローダー。ラングラーが長年にわたり継承してきた、伝統のスタイリングや独自の世界観を変えることなく、走破性能、現代のSUVに求められる快適性や安全性、燃費性能が大幅に向上された。ボディパネルにアルミが使われ、大幅な軽量化を実現。ホイールベースが拡大され、居住スペースも広がった。エンジンは、新設計の2Lターボと、改良型の3.6L V6。組み合わされるトランスミッションは、8速ATとなる。4WDシステムには、従来のパートタイム式に加え、ラングラー史上初となる、フルタイムオンデマンドシステムが採用された。あらゆる路面を安全かつ快適に走行できるシステムとなっている。(2018.11)
ジープ コンパス
ジープ レネゲード
  • 発売時期:2015年09月~
  • ジープ
  • レネゲード
  • ジープ初となるスモールSUV「アーバンサイズ。アドベンチャークラス」をテーマに掲げた、ジープ初のスモールSUV。伝統のパワフルな佇まいと4×4性能を受け継ぎながらも、都市に適したボディサイズとスタイリングに合った多目的性、機動性、高級感が強化されている。エクステリアは、初代ジープ ウィリスをモチーフとしながらもポップさを追求。インテリアはジープの特徴である7スロットグリルなどのアイコンが散りばめられた遊び心にあふれたデザインとなっている。パワートレインは1.4Lマルチエア+ツインクラッチの6速DDCTと、2.4Lタイガーシャークマルチエア2+9速ATの2種類をラインナップ。駆動方式は、前者が2WD、後者は4WDとなる(2015.9)

ジープの中古車台数

2019/02/16 20時更新

価格帯グラフ
100万円
未満
276
100万円~
149万円
172
150万円~
199万円
123
200万円~
249万円
149
250万円~
300万円
278
300万円
以上
679

台数

台数をクリックすると物件一覧を見ることができます

登録年グラフ
〜2012年 703
2013年 88
2014年 139
2015年 106
2016年 159
2017年 141
2018年 339
2019年 1

台数

台数をクリックすると物件一覧を見ることができます

EDGE Sensor

EDGEが効いている 旬ネタ

松任谷正隆×SUVなんていらない【EDGYなカーライフB面】

▲今回の1台は本文中にあるアルピーヌである。年のせいか腰が引けてはいるものの、運動性能、楽しさは抜群で、アルファの特殊モデルを除けば、エリーゼ以来のライトウェイトスポーツの誕生であるEDGE12月号の特集は「SUVなんて

EDGEが効いている 旬ネタ

メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴンを選択する「定番は素晴らしい」という事実に、今にして気づいた【EDGE セカンドライン】

▲メルセデスの屋台骨を支えるDセグメントワゴンの4代目。ボディシェルの約50%にアルミニウムが使用され、軽量化と高剛性を両立。衝突軽減ブレーキなどをパッケージ化した「レーダーセーフティパッケージ」など、安全装備が充実した

EDGEが効いている 旬ネタ

デジタルアウターミラーは人の“目”に寄り添えるか? 【次世代の自動車を考える いまどき・これからのクルマ学】

▲【世界初の装備をオプションで用意した1台、レクサスES】北米ではLSとともに初期から販売していたが、7代目にして日本初上陸。先進装備の他「スウィングバルブショックアブソーバー」によるしなやかな乗り味にも高評価が集まるレ

ジープの壁紙

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ