carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

HOME >  ブランド一覧 >  ベントレー

ベントレー

イギリス人のウォルター・オーウェン・ベントレーは第1次世界大戦中に航空機エンジンの設計で名を知られるようになり、大戦後には大陸横断用のクルマを設計する。1919(T8)年には自らの名を冠したベントレー・モーターズを設立し、ル・マン24時間レースで5勝するなどの偉業を成し遂げた。しかし経営状態はあまり良くなく、31(S6)年にはロールスロイスに吸収される。その後のベントレー車は、ロールスロイス車とメカを共用する兄弟車となった。98 (H10)年にはVWの傘下に入り、独自の高級化路線を歩んでいる。

プレミアカーブランド

  • レクサス
  • メルセデス・ベンツ
  • フォルクスワーゲン
  • BMW
  • オペル
  • アウディ
  • ポルシェ
  • スマート
  • BMW アルピナ
  • マイバッハ
  • MINI
  • シボレー
  • クライスラー
  • フォード
  • キャディラック
  • ダッジ
  • ビュイック
  • ポンティアック
  • ジープ
  • サターン
  • ハマー
  • GMC
  • ランドローバー
  • ジャガー
  • ロータス
  • ベントレー
  • ロールスロイス
  • アストンマーチン
  • ボルボ
  • サーブ
  • プジョー
  • シトロエン
  • ルノー
  • アルファロメオ
  • フィアット
  • ランチア
  • フェラーリ
  • マセラティ
  • ランボルギーニ
  • アウトビアンキ
  • ブガッティ

最近発売されたベントレーのクルマ

ベントレー コンチネンタルGT
  • 発売時期:2017年12月~
  • ベントレー
  • コンチネンタルGT
  • 設計、エンジニアリング、ハンドクラフトをすべて英国で実施ハイパフォーマンス、ラグジュアリー、最先端テクノロジーが三位一体となった3代目。エクステリアは、クラシックなグランドツアラーらしいプロポーションを踏襲しながらも、LEDマトリクステクノロジーを採用したヘッドランプとテールランプにより、宝石のようなきらめきを実現。複数用意された22インチアルミや、15色から選べるインテリアカラーなど、内外装ともに多彩なオプションが用意され、自分好みの1台に仕立てることも可能だ。パワートレインは、最高出力635ps/最大トルク900N・mを発生する、6L W12エンジンと、8速のデュアルクラッチ式ミッションの組み合わせ。0-100km/h加速は3.7秒を実現。アダプティブクルーズコントロールの採用など快適性能も高められている。(2017.12)
ベントレー ベンテイガ
ベントレー フライングスパー
  • 発売時期:2013年06月~
  • ベントレー
  • フライングスパー
  • コンチネンタルGTから独立コンチネンタルGTをベースとする4ドアサルーンの2代目だが、車名からコンチネンタルが外され独立したモデルとなっている。エクステリアのコンセプトはキープされたが、外側が大きくなったデュアルヘッドライトなど独自性が強調されている。標準17色をはじめ、オプションで100色を超えるボディカラーや、レザーやウッドのインテリアカラーなど、膨大な組み合わせのカラーコンビネーションを選ぶことができる。エンジンは最高出力625ps/最大トルク800N・mを発生する6LのW12ツインターボ。トランスミッションは8速ATが組み合わされる。燃費性能は従来型より13%以上も向上している(2013.6)

ベントレーの中古車台数

2019/02/16 20時更新

価格帯グラフ
100万円
未満
0
100万円~
149万円
0
150万円~
199万円
1
200万円~
249万円
0
250万円~
300万円
2
300万円
以上
315

台数

台数をクリックすると物件一覧を見ることができます

登録年グラフ
〜2012年 186
2013年 20
2014年 21
2015年 19
2016年 25
2017年 33
2018年 13
2019年 1

台数

台数をクリックすると物件一覧を見ることができます

EDGE Sensor

EDGEが効いている 旬ネタ

松任谷正隆×SUVなんていらない【EDGYなカーライフB面】

▲今回の1台は本文中にあるアルピーヌである。年のせいか腰が引けてはいるものの、運動性能、楽しさは抜群で、アルファの特殊モデルを除けば、エリーゼ以来のライトウェイトスポーツの誕生であるEDGE12月号の特集は「SUVなんて

EDGEが効いている 旬ネタ

メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴンを選択する「定番は素晴らしい」という事実に、今にして気づいた【EDGE セカンドライン】

▲メルセデスの屋台骨を支えるDセグメントワゴンの4代目。ボディシェルの約50%にアルミニウムが使用され、軽量化と高剛性を両立。衝突軽減ブレーキなどをパッケージ化した「レーダーセーフティパッケージ」など、安全装備が充実した

EDGEが効いている 旬ネタ

デジタルアウターミラーは人の“目”に寄り添えるか? 【次世代の自動車を考える いまどき・これからのクルマ学】

▲【世界初の装備をオプションで用意した1台、レクサスES】北米ではLSとともに初期から販売していたが、7代目にして日本初上陸。先進装備の他「スウィングバルブショックアブソーバー」によるしなやかな乗り味にも高評価が集まるレ

ベントレーの壁紙

  • ベントレーコンチネンタルフライングスパー
  • ベントレーコンチネンタルフライングスパー

  • photo/郡大二郎
  • 1280×1024
  • 1024×768

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ