carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

EDGE.net  > 輸入車・中古車購入ガイド  > BMW 5シリーズ モデル概要

人気輸入車購入ガイド
スポーティさとラグジュアリィ感を兼ね備えたBMWのアッパーミドルサルーン。
ツーリングもラインナップしている
| BMW 5シリーズのモデル概要 | BMW 5シリーズのバイヤーズガイド | BMW 5シリーズのモデル変遷 |

BMW 5シリーズ(旧型)
モデル概要

ドイツ 生産期間:1996~2004年
BMW 5シリーズのカタログを見る BMW 5シリーズを中古車で探す
BMW 5シリーズ イメージ
BMW 5シリーズ フロントスタイル BMW 5シリーズ リアスタイル

BMWシリーズの中ではミドルセダン的存在

 スポーツセダンを作ることにかけては世界随一という点で、自他共に認めるメーカーがBMW。世界中のメーカーが6気筒エンジンをV型化し、駆動方式をFFに変えていく時代にあって、「機械的振動の少ない上質なフィールは直6でなければ出せない。真に質の高いハンドリングは、操舵輪と駆動輪を分けなければできない」と、直6&FR駆動を守り続けている。
 そのラインナップの中でも、最もBMWらしいのが、中堅を担う5シリーズだろう。グレード名は3桁の数字で表され、下2ケタが搭載するエンジン排気量の目安となっている。トップグレードは、シリーズ唯一のV8エンジンを搭載する540iで、排気量は4.4Lとなる。
 排気量以外にも、グレードは3系統に分けられる。標準グレードと、標準グレードをベースに装備を充実させたハイライン、偏平タイヤやスポーツサスを装備するMスポーツだ。
BMW 5 SERIES

 BMW 5シリーズのメカニズム

BMWの伝統であるシルキー6を踏襲
デビュー時のエンジンバリエーションは、直6の2.5Lと2.8L(2.8Lは2000年10月に3L化されている)のみ。1996年8月にはV8の4.4Lも追加された。
 6気筒エンジンはV型にするとコンパクトになるが、振動のアンバランスが発生してしまい、特にアイドリング時のブルブル振動が大きくなる。BMWはそれを嫌って、かたくなに直列6気筒を作り続けている。熟成は極限に達しており、絹のように滑らかに回ることから「シルキー6」と称されている。
 6気筒系には可変バルブタイミング機構のVANOSを装備。1998年11月からはダブルVANOSに進化し、全域においてフラットなパワーを発生する。
 サスペンションは、フロントが分割ロアリンク式のストラット、リアがセミトレを発展させたマルチリンク式のセントラルアームアクスルで、リンク類はすべてアルミ合金。トランスミッションは、全車5ATとなる。
BMW 5シリーズ 直6DOHCエンジン ←直6DOHCエンジンは、最高出力のアップというよりもトルクの増強を主眼に置いて開発された。低回転域でも力強い走りを実現させたエンジンだ

 BMW 5シリーズのインテリア&エクステリア

オーバーハングを抑えスポーティさをアピール
現行5シリーズが、内外装ともに攻撃的でアバンギャルドになったのに対し、今回紹介する旧5シリーズは従来の流れをくむスポーティかつフォーマルなデザインを採用する。
 フロントマスクは、BMWのアイデンティティであるキドニー(腎臓)グリルを中央に、丸型4灯のヘッドランプが両側に2灯ずつ配置される。ヘッドランプはクリアカバーの奥に引っ込んでおり、にらみを利かせるような凄みを感じさせる。
 サイドビューは極めてシンプルでオーソドックスだが、極端に前進させたフロントタイヤと、短い前後オーバーハングが、運動性能の良さをうかがわせる。
 センタークラスターのせり出したインパネは、運転席に適度な囲まれ感を与えており、このクルマがドライバーのためのものであることを主張している。
 i-Driveという特種な操作系を採用する現行モデルと異なり、スイッチ類はオーソドックスだ。
ドライバー側に湾曲したインパネは視認性が抜群。インパネとドアトリムパネルを水平につなぐことにより、広々とした室内空間を生み出している→ BMW 5シリーズ インパネ
BMW 5シリーズのカタログを見る BMW 5シリーズを中古車で探す
| BMW 5シリーズのモデル概要 | BMW 5シリーズのバイヤーズガイド | BMW 5シリーズのモデル変遷 |
徹底研究-BMW 5シリーズ(旧型)

人気輸入車購入ガイド

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ