carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

EDGE.net  > 輸入車・中古車購入ガイド  > ジャガー XJシリーズ モデル概要

人気輸入車購入ガイド
上品さとスポーティさを併せ持つ英国の伝統的サルーンの最高峰がXJシリーズ。操る楽しさを持つ高級車だ
| ジャガー XJシリーズのモデル概要 | ジャガー XJシリーズのバイヤーズガイド | ジャガー XJシリーズのモデル変遷 |

ジャガー XJシリーズ モデル概要

イギリス 生産期間:1997~2003年
ジャガー XJシリーズのカタログを見る ジャガー XJシリーズを中古車で探す
ジャガー XJシリーズ
ジャガー XJシリーズ フロントスタイル ジャガー XJシリーズ リアスタイル

スポーツカーの血統が息づく高級乗用車

 イギリスを代表する高級車メーカーが、ジャガー。かつてはスポーツカーも造っていたが、現在は高級スポーティサルーンがラインナップの主力となっている。今回は、その最高峰に位置するXJシリーズの、先代モデルとなるX300系を紹介する。
 車格的には、メルセデスのSクラスやBMW7シリーズと同じだが、それらに比べて車高が5~10mmほど低い。これは居住性や開放感よりも、スポーティな走りを重視した結果であり、スポーツカーメーカーを出自とする血統を感じられる部分だ。
 また、これら競合メーカーが「工業製品としての高級」を第一に追求しているのに対し、ジャガーは伝統的に「クラフトマンシップとしての高級」を重視しており、インパネひとつを見ても温かみが感じられる。基本的にはドライバーズカーだが、後席乗車のオーナーのためにホイールベースを延ばしたソブリンも用意される。
ジャガー XJシリーズ

ジャガー XJシリーズのメカニズム

あえてV8エンジンを採用し高級感を確保
 高級車にふさわしいエンジンといえば、V型なら8気筒か12気筒。これらのシリンダーレイアウトは機械的な振動が理想的にバランスするため、アイドリングから極めて低振動を実現できるからだ。XJに搭載されるエンジンも、3.2Lと4LのV型8気筒。一般的には3.2LならV6で十分なのだが、あえてV8としているところに、最高級車としてのこだわりが感じられる。
 いずれのグレードにも5速ATを採用し、Jゲートと呼ばれる独特のシフトパターンで操作する。選択するモードによってレバー位置が明確に変わるため、インジケーターを見ることなく選択ギアがわかり、変速操作もやりやすい。
 サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン、リアにセミトレーリング式を採用。リアサスは形式的には新しいものではないが、巧みな配置で十分な性能を出している。
ジャガー XJシリーズ Jゲートセレクター
←4速から5速になったジャガー独自のATセレクター、Jゲートセレクターのデザインも変更されている。これにより操作性もアップ

ジャガー XJシリーズのインテリア&エクステリア

外観だけでなく車内の細部まで高級感を追求
 ロングノーズに小さめのキャビン、尻下がりのリアデッキをもつフォルムは、XJシリーズ独特のもの。リアオーバーハングが長いのも特徴で、シルエットをぱっと見ただけでも、XJシリーズだとわかる。フロントマスクは空力を重視して絞り込むのではなく、あえてワイド感を強調。丸型4灯のヘッドランプと、そこからボンネットへと連なる4本の嶺は、さながら獲物に襲いかかるジャガーの前脚を連想させる。
 ダッシュボードは横長で、そこに馬蹄形のセンターコンソールが突き刺さるような独特のデザインを採用した。内装はコノリーレザーと、本物のウォールナットを採用。シートやドアアームレストのステッチに、クラフトマンシップが感じられる。
 Sクラスや7シリーズに比べると、室内長はそれほど長くはなく、リアシートの居住性は「必要十分」というレベルだ。
ジャガー XJシリーズ インパネ ←「Tピース」と名づけられたインテリアデザイン。快適性、安全性、操作性を追求。それに加えラグジュアリィな雰囲気も十分だ
ジャガー XJシリーズのカタログを見る ジャガー XJシリーズを中古車で探す
| ジャガー XJシリーズのモデル概要 | ジャガー XJシリーズのバイヤーズガイド | ジャガー XJシリーズのモデル変遷 |
徹底研究-ジャガー XJシリーズ

人気輸入車購入ガイド

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ