carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

EDGE.net  > 輸入車・中古車購入ガイド  > アウディ A4 モデル概要

人気輸入車購入ガイド
品性を高めた精密なデザインを採用するアウディの代表的モデル。ライバルにはないクワトロ(4WD)の設定も特徴である
| アウディ A4のモデル概要 | アウディ A4のバイヤーズガイド |  アウディ A4のモデル変遷 |

アウディ A4 モデル概要

ドイツ 生産期間:2001年~
アウディ A4のカタログを見る アウディ A4を中古車で探す
アウディ A4
アウディ A4 フロントスタイル アウディ A4 リアスタイル

上質感を徹底に追求した中堅モデル

 フォルクスワーゲンよりプレミアム性が高く、BMWやメルセデス・ベンツより威圧感の少ないドイツ車として安定した人気を維持するアウディ。その中堅クラスを担うモデルがA4だ。
 全長×全幅は4555×1765mmと、日本の市街地でも気を使わずに取り回せるボディサイズ。フォルクスワーゲンのボーラよりは少々大きく、メルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズとほぼ同じ大きさだ。
 ボディタイプは4ドアセダンに加え、アバントと呼ばれるステーションワゴンも用意。クワトロと呼ばれる4WDシステムの採用や、アルミ合金製のサスペンション部品の採用など、走りに関する部分に多くのコストを割いているのが特徴だ。
 近々予定されているマイナーチェンジでは、フロントマスクが新型A6同様の押し出し感の強いものとなる。アウディらしい控えめな上品さを求めるなら、前期型を選ぶのがよいだろう。
アウディ A4

アウディ A4のメカニズム

駆動方式はFFと4WD、エンジンは4種類
 アウディといえばクワトロというほどフルタイム4WDシステムが有名だが、FFモデルも多数存在する。FFといえどもエンジンは縦置きで、シリンダーブロックは前輪の車軸中心よりも前に搭載する。
 エンジンは2Lの直列4気筒と、2.4Lと3LのV6、それに1.8L直列4気筒のターボチャージャー付きを用意。2Lエンジンと2.4Lエンジン搭載車の駆動方式はFFのみの設定で、トランスミッションはマルチトロニックと呼ばれるCVTが組み合わされる。1.8Lターボと3Lは4WDで、トランスミッションはMT感覚の変速が可能な5速ティプトロニック式ATを採用した。
 サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンで、フロントは上下のリンクをさらに2分割したダブルジョイント式。リンク類やナックルにはアルミ合金を使用するなどして、高速域での直進安定性を向上させている。
マルチトロニックCVT ←2.4には2L車と同じくマルチトロニックと呼ばれるCVTを採用。変速ショックを感じさせない、スムーズな乗り心地を実現した

アウディ A4のエクステリア&インテリア

無駄を排し、上品で知的な印象に
 A4はオーソドックスな4ドアセダン&ワゴンながら、どことなく知的でクリーンなイメージをもつクルマだ。
 空力特性の向上を狙ったボディは前後が強く絞り込まれ、止まっていても周囲の風が流れているような印象を与える。低く構えたボンネットは、スポーティかつ上品なイメージだ。ボディサイドはプレーンながら、明確なショルダーをつけることで安定感を強調。ピラー類は太くは見えないが内側に向かって厚みがあり、スマートに見せつつ剛性を稼ぐ。ドアの閉まり方は吸いつくようだ。
 ドライバーズシートは着座位置が低く、センターコンソールの位置が高いため囲まれ感がある。スポーツモデルの内装はブラック基調でメーターパネルやスイッチ類の照明がレッドなので、よりスパルタンな印象。一方、ノーマルモデルはグレーの内装色と木目調パネルの採用で、落ち着いた雰囲気をもっている。
アウディ A4 インパネ アウディ A4 フロントシート
↑ドアトリムからセンターコンソールまで延長し、全体的にドライバーを包み込むようなデザインに。シフトノブは全車本革巻きタイプだ ↑シート形状はフラットなコンフォートタイプのほかセミバケットのスポーツタイプも用意。本革シートを標準で装備するグレードもある
アウディ A4のカタログを見る アウディ A4を中古車で探す
|  アウディ A4のモデル概要 | アウディ A4のバイヤーズガイド |  アウディ A4のモデル変遷 |
徹底研究-アウディ A4

人気輸入車購入ガイド

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ