carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

EDGE.net  > 輸入車・中古車購入ガイド  > フィアット プント モデル概要

人気輸入車購入ガイド
個性的デザインを採用したイタリア生まれのコンパクトカー。吹け上がりの良いエンジンにより軽快な走りが楽しめる
| フィアット プントのモデル概要 | フィアット プントのバイヤーズガイド | フィアット プントのモデル変遷 |

フィアット プント モデル概要

イタリア 生産期間: 2000年~
フィアット プントのカタログを見る フィアット プントを中古車で探す
フィアット プント イメージ
プントHGT フロントスタイル プントHGT リアスタイル

オシャレなデザインと痛快な走りが身上

 アルファロメオやフェラーリをも傘下に収めるイタリア最大の自動車メーカーがフィアット。主に小型大衆車を製造するメーカーで、オシャレなデザインと痛快な走りのコンパクトカーを得意とする。その流れをくむモデルがプントだ。
 現行モデルがデビューしたのは、記念すべきフィアット創立100周年となる1999年のこと。さらに4年後の2003年には大規模なマイナーチェンジが行われ、フロントマスクを一新している。
 ボディサイズは国産リッターカーとほぼ同等。量販グレードとなるELXの搭載エンジンは1.2Lだが、トップグレードのHGTには1.8Lエンジンが搭載される。マイナーチェンジ前のHGTには、フィアットの公認チューナー「アバルト」のエアロパーツが装備されていた。
 ボディタイプはELXが5ドア、HGTが3ドアで、実用的なハッチバックとスポーツハッチの2種類に分けられている。
FIAT PUNTO

 フィアット プントのメカニズム

エンジン、ミッションともに2種類を用意
既述のとおり、プントに搭載されるエンジンは1.2Lと1.8Lの2種類。いずれも直列4気筒で、バルブ駆動にはDOHCが採用されている。1.2Lエンジンの実質的な排気量は1241ccで、ボディが1t少々と軽量なプントには必要十分と言える。さらにロングストロークの設計で、太い低速トルクを実現している。1.8Lは通称「スーパーファイヤ」と呼ばれるエンジンで、同社のオープンスポーツ、バルケッタなどにも搭載されていた。こちらもトルク特性は低中速型だが、軽量なプントを活発に走らせるには十分な性能だ。   トランスミッションは1.2Lエンジンにスピードギアと呼ばれる6速シーケンシャルモード付きのCVTが、1.8Lエンジンには5速MTが組み合わされる。  サスペンションはフロントがストラット、リアがツイストビーム式という、コンパクトカーの定番とも言える組み合わせだ。
プントELX 衝突実験 ←運転席&助手席エアバッグは全車に標準装備。衝突を感知して燃料供給をカットし、火災を防ぐシステムを導入するなど高い安全性を誇る

 フィアット プントのインテリア&エクステリア

くさび形のようなユニークなデザイン
プントの基本フォルムは、オーソドックスな2ボックススタイル。全高は1480mmと、最近のトレンドからすると低めに設定されている。
 ボディデザインは、全体的にくさび形のような造形。前期モデルはフロントグリルがなく、ヘッドランプも薄いため、低く構えた印象を与える。
 サイドウインドウのすぐ下に沿って、プレスラインが入れられているのもユニークだ。前傾したこのラインが、くさび形のイメージをより強調している。
 リアコンビネーションランプは縦型で、エッジの利いたデザイン。斜め後方からの姿が最も特徴的と言える。
 ダッシュボードはT字形で、HGTのほうがセンタークラスターのせり出しが大きく、運転席は囲まれるような感じがある。
 シートはバケット風で、サポート性はなかなか良い。後部座席も、外観から想像するよりはるかに居住性が高い。
室内のデザインはシンプルだが、収納スペースが多く機能的である。シートは人間工学に基づいた設計で、快適な座り心地と高いサポート性を兼ね備えている→ プント インテリア
フィアット プントのカタログを見る フィアット プントを中古車で探す
| フィアット プントのモデル概要 | フィアット プントのバイヤーズガイド | フィアット プントのモデル変遷 |
徹底研究-フィアット プント

人気輸入車購入ガイド

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ