carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

EDGE.net  > 輸入車・中古車購入ガイド  > オペル ベクトラ 1996~2002年 モデル概要


人気輸入車購入ガイド
オペル ベクトラ 1996~2002年
オペル ベクトラ
| モデル概要 | バイヤーズガイド | モデル変遷を見る |
モデル概要
コンセプト&ヒストリー
ベクトラ フロント
ベクトラ リア
レースで証明された高い走行性能がウリ
 無印良品的クルマ作りが持ち味のアダム・オペル社の中堅を担うのがベクトラである。ミドルサイズの4ドアセダンを軸として、ステーションワゴンも展開する。
 無印良品的とはいえ、旧型となるベクトラはオペルが「ミドルクラスナンバー1」を目指して開発したモデルであり、内容的にはまさしく「良品」。海外のツーリングカーレースでBMWの3シリーズと互角に戦っていたほど、走行性能でも高いポテンシャルをもっている。
 全幅が1710mmとなる以外は5ナンバー枠に収まるボディ寸法で、幅広になった現行モデルより、日本の市街地では取り回しやすいサイズだ。空力性能が良いため、高速道路を走ると途端に燃費が良くなるのも、ベクトラの特徴だ。
特徴~メカニズム・インテリア&エクステリア
エンジンは低回転から力強いトルクを発生
 1.8Lと2Lの直4と2.5LのV6エンジンからスタートしたベクトラだが、その後、2Lは2.2Lに、2.5Lは2.6Lへとそれぞれ排気量アップし、また1.8Lには改良が加わっている。
 2.6L以外はロングストローク型で、低回転から力強いトルクを発生する。2.6LもV6の中ではかなりストロークの長い設計で、排気量が大きいこともあり、車重1.4tのベクトラを豪快に加速する。
 日本仕様のトランスミッションは、全車4AT。オーソドックスタイプのものを採用している。
 サスペンションはフロントがストラットで、リアがマルチリンクという構成の4輪独立懸架が採用されている。
 ボディは独自の安全思想で設計されており、前面衝突時、ペダル類が室内に押し込まれて足を損傷しないようにペダルごと脱落するフットプロテクションシステムを採用している。
ベクトラ エンジン
←年式やグレードによって様々なエンジンが搭載されている。エンジンにこだわりクルマ探しをするのもいい
空気抵抗の低減と上品なスタイルを両立
 さりげなくスマートで上品なのが、ベクトラのエクステリアデザイン。クルマに興味のない人には、それが輸入車とは気づかないだろう。しかしよく見ると、詳細な部分にはオペルならではのデザインが施されている。
 空気抵抗低減にこだわり続けるオペルらしく、ボディやキャビンの前後は強く絞り込まれ、空気を滑らかに後ろに流すデザイン。空気抵抗係数CDは、現在でもトップレベルの0.28だ。特徴的なのはサイドミラー回り。ボンネット上からスポイラー状のパーツが取り付けられており、空気抵抗と風切り音の低減に役立っている。
 インテリアデザインもシンプルで落ち着きがある。ダッシュボードは素っ気ないほどシンプルだが、メーターパネル内のインフォメーションディスプレイは独特のものだ。リアシートは背もたれが前に倒せ、トランクスルーになる。トランクの広さも美点だ。
ベクトラ インパネ ベクトラ シート
↑機能的に配置されたスイッチ類。マルチインフォメーションディスプレイはメーターの横に配置されている ↑室内が広く見えるよう、フロントシートの幅が先代より若干狭められている。またリアの膝元は拡大された
| モデル概要 | バイヤーズガイド | モデル変遷を見る |
カタログで詳細データを見る この車種で中古車物件を探す
オペル ベクトラ 1996~2002年
(2003.12.18)

人気輸入車購入ガイド

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ