carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

EDGE.net  > 輸入車・中古車購入ガイド  > ポルシェ911(993型)/1993~97年 モデル概要


人気輸入車購入ガイド
ポルシェ911(993型)/1993~97年
| モデル概要 | バイヤーズガイド | モデル変遷を見る |
モデル概要
コンセプト&ヒストリー
ポルシェ人気復活に大きく貢献。世界的なヒットを記録したモデル-Concept&History-
 ポルシェ911シリーズの最大の特徴は、シリンダーを寝かせた水平対向6気筒エンジンと、これを後輪車軸後方に搭載するRR(リアエンジン・リアドライブ)レイアウトだ。911シリーズはエンジンという重量物が車体後端に位置しているため、コーナリング限界における車両の挙動が、かなり神経質という性格をもつが、1994年から国内正規導入されたこの993型で、リアサスペンション構造を大幅に変更し、従来にない安定性を手に入れている。また乗り心地の良さや静粛性の高さも追求した。その結果、より多くのユーザーを開拓し、同型最終の1997モデルまで歴代911シリーズナンバーワンの販売台数を記録。ポルシェの中でも名車中の名車となったのである。
特徴~エンジン・室内外装~
911最後の空冷フラット6を搭載、独特のサウンド&フィーリング!-Engine- ほとんど飾り気のないインテリア、計器類の配置が911らしさを象徴-Interior-
↑補機類に遮られて直接は見えないが、エンジンはこの下に搭載されている
 カレラに搭載されるエンジンは水平対向6気筒の3.6L。先代964型の進化版だが、最高出力は引き上げられ後期では285馬力をマーク。フラットなトルク特性により、力強くスピードを増してゆく典型的なエンジンといえる。何より空冷ならではの金属質な排気音がこのエンジンの魅力だ。静粛性の高さも993型の魅力だが、空冷フラット6ならではの歯切れの良いサウンドはマニアならずとも感動ものといえるだろう。
 ボディが拡幅された993型だが、コーナリング性能に直結するホイールベースは2272mmと先代964型と同一。つまり車内空間は前後方向には、ほとんど変化がなく、かなりタイトな部類に入る。ただし、リアにも小型ながらシートは存在するので、完全なる2シーターと比較すれば使い勝手は良い。メーター類のレイアウトは初代以来続く横一直線に並ぶもの。ややクラシックに感じるかもしれないが、これこそ911らしさなのである。
↑計器パネル然とした993型のインパネ回り ↑スポーツドライビングを想定したセミバケットシート ↑大人が座るにはつらいが、リアシートも存在する
| モデル概要 | バイヤーズガイド | モデル変遷を見る |
カタログで詳細データを見る この車種で中古車物件を探す
ポルシェ911(993型) 1993~97年


人気輸入車購入ガイド

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ