carsensor EDGE.net

大人のためのプレミアカーライフ実現サイト  輸入車・外車のカーセンサーエッジ

EDGE.net  > 輸入車・中古車購入ガイド  > フォード モンデオ モデル概要

人気輸入車購入ガイド
ヨーロッパ・フォードが作り上げた、斬新なデザインと高い走行性能&安全性能が魅力のセダン&ワゴン
|  フォード モンデオのモデル概要 | フォード モンデオのバイヤーズガイド | フォード モンデオのモデル変遷 |

フォード モンデオ モデル概要

アメリカ 生産期間:2001年~
フォード モンデオのカタログを見る フォード モンデオを中古車で探す
フォード モンデオ
フォード モンデオ フロントスタイル フォード モンデオ リアスタイル

欧州フォードが生んだ高性能実用モデル

 フォード社は北米ビッグ3の一つとして知られる自動車会社。だが、モンデオの企画・開発はドイツに本拠を置くヨーロッパフォードにて行われている。事実、モンデオはアメリカ車というより、欧州車テイストをもったクルマなのだ。ボディはメルセデス・ベンツのEクラスやBMWの5シリーズに匹敵する大柄な寸法。駆動方式はFFで、ライバルはオペルアストラやボルボV40となる。日本での価格帯は294万円からと、大衆的なクルマだ。ボディタイプは4ドアセダンとステーションワゴンの2種類で、ワゴンはセダンのリアを50mm延長している。
  日本では知名度が低いため街中で見かける機会は少なく、中古車価格も安い。しかし実用車としての実力は第一級と言えるため、実用的で高性能なクルマを安く長く乗りたい向きには、モンデオの中古車は非常に良い選択肢となるはずだ。

フォード モンデオのメカニズム

2L直4と2.5L V6を搭載ミッションは4ATと5AT
 日本に導入されるモデルには、2Lの直列4気筒と2.5LのV型6気筒ガソリンエンジンが搭載される。Eクラス並みのボディに対して2Lエンジンでは排気量が少ないように思えるが、ヨーロッパではさらに小さい1.8Lモデルも設定されている。トランスミッションは、2L車が4AT、2.5L車は5ATの組み合わせ。5ATはマニュアル変速モードも装備する。サスペンションは、セダンもワゴンもフロントがストラット式。リアはセダンがクワドラリンク式、ワゴンはショート&ロングアーム式と称している。一般的に言えば、クワドラリンク式がストラットをベースとしたマルチリンク、ショート&ロングアーム式がダブルウィッシュボーンのことである。
  安全性に関するメカニズムはブレーキアシストやスタビリティコントロールなど、最新モデルに劣らない水準の装備が標準で採用されている。ステアリングホイールには、衝突規模に応じて2段階に大きさを切り替える「デュアルステージエアバッグ」を内蔵。また、カーテンエアバッグの標準化や、シートにむち打ちを軽減する可動式ヘッドレストも採用している。
フォード モンデオ エアバッグシステム ←運転席&助手席エアバッグやサイドエアバッグはもちろん、乗員の側頭部を守るカーテンエアバッグも全車標準する

フォード モンデオのインテリア&エクステリア

内装はシンプルだが広い室内空間を確保
 モンデオのエクステリアには、新世代フォード共通のデザインコンセプト「ニュー・エッジ・デザイン」が採用されている。円弧の組み合わせを基本としているが、交点をシャープなエッジとすることで、引き締まった精悍なイメージを演出。大柄なボディでも、間延び感を与えない巧みなデザインだ。
  内装はシンプルでスッキリとしており、好き嫌いの分かれにくいデザイン。センタークラスター中央に据えられた、楕円形のアナログ時計が個性的だ。前後席とも、空間は非常に広くて快適。上級グレードのGHIAには、本革の電動パワーシートが標準装備となる。
フォード モンデオ インテリア ←使い勝手を優先してデザインされたインパネは、スイッチ類が整然と並ぶ。カップホルダーなど収納スペースも多い
フォード モンデオのカタログを見る フォード モンデオを中古車で探す
|  フォード モンデオのモデル概要 | フォード モンデオのバイヤーズガイド | フォード モンデオのモデル変遷 |
徹底研究-フォード モンデオ

人気輸入車購入ガイド

利用規約 | お問い合わせ | プライバシーポリシー

page top

carsensor EDGE.net

輸入車・新車・中古車・ディーラー・販売店の情報満載。大人のためのプレミアカーライフ実現サイト カーセンサーエッジ

リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートグループサイトへ